レイクで融資を受ける 職場連絡ありカードローン?

 

新生銀行カードローン レイク

 

レイクはテレビCMや電車のつり革広告でよく見かけます。

 

キャッシング審査の際、レイクのオペレーターの評判もとても良いので、初めてキャッシング利用する方におすすめです。

 

最近ではレイクのスマホ完結プログラムも大変に人気です。

 

融資額 :1万円から500万円
貸付利率:4.5%から18.0%(実質年率)
返済方式:残高スライドリボルビングまたは元利定額リボルビング

 

 

新生銀行レイクカードローンは2018年3月いっぱいを目処に新規申込を停止いたします。
この情報は3月13日時点のものを記載しております。

 

 

レイクで融資を受ける 職場連絡ありカードローン?

 

レイクはインターネットに繋がるパソコン、ケータイ、スマートフォンで24時間いつでもお申し込みが可能です。

 

お申し込み後すぐに独自のシステムにより画面に審査結果がわかるまでの時間が表示されます。

 

運転免許証や健康保険証など本人確認書類の提出はメールまたはFAXで行えますので来店不要でOKです。

 

必要書類の確認が平日14時を過ぎてしまうと、翌営業日扱いとなります。

 

いずれにしてもレイクでは即日融資はできません。

 

お申し込みからレイク自動契約機で開始することも可能です。

 

審査結果のご連絡通常時間帯が21:00までなので、急ぎの時はそれまでにお近くのレイク自動契約機にご来店します。

 

タッチパネルで簡単に操作できるので初めてでも大丈夫です。

 

もし迷ってしまってもオペレーターにすぐに質問することが出来ます。

 

本人確認書類を忘れると取りに戻らないといけないので忘れずに持参してください。

 

 

友人から借りたお金を返すためにレイクをご利用

 

以前、友人から借りたお金を返すために、いったん大手消費者金融のレイクから現金を借りることにしました。

 

数ある金融機関のなかでレイクを選んだのは無利息期間が設けられていたからです。

 

レイクでは30日間無利息と5万円まで180日間無利息の2つの無利息期間がありました。

 

レイクのホームページでどちらがお得かシミュレーションが出来ます。

 

実際にお金を借りる前に、シミュレーションを行い、どのくらいで返済できるかを計算しました。

 

レイクを利用してみると180日間無利息のほうが3000円近くお得と言う結果が出ました。

 

早速レイクのホームページからお申込みすると、すぐに画面上に審査の結果が表示されました。

 

仮審査の結果ですが、いくらまでお金を借りられるのかすぐにわかるのが良いですね。

 

アルバイトで収入がそれほど多くなかったため、審査に不安がありましたが無事に通過したのでよかったです。

 

レイクは、勤務先への在籍確認でもレイクですとは名乗らずに個人名だったので

 

アルバイト先の人に知られてしまうことは無かったです。

 

金融機関口座へ直接振り込んでもらえたので、

 

後は提携ATMから友人から借りたお金の分をすぐに引き出すことが出来ました。

 

スマホからインターネットで24時間お申し込みはできます。

 

即日融資はレイクカードローンでは不可能になりました。

 

職場連絡なしで金融機関からお金を借りたいなら、レイク以外の大手消費者金融、プロミス、アコム、SMBCモビットなどがおすすめです。

 

低金利キャッシング お金借りるなら消費者金融と新生銀行カードローンどちらがいい?

 

友人の結婚式が重なったり、それに給料日前という状況までもが重なると、

 

とても毎月の給料だけでは追いつかなくなってしまうことがあるのではないでしょうか。

 

そんな時に利用したいのが、カードローンです。

 

最近では、それほど高くない金利でお金借りることが可能なところもあるので、上手に利用すればピンチを楽々切り抜けることができることでしょう。

 

やはり、お金借りるとなると誰しも気になるのが金利はいくらかということです。

 

貸金業者というものには、消費者金融系と銀行系という大きく2つに分類することができます。

 

金利はこの2つでやや差があるといって良く、より低金利なのは銀行系です。

 

銀行は、審査が厳しいというデメリットがありますが、その分安い金利でお金借りることができるのです。

 

一方の消費者金融系はといえば、金利はやや高めに設定されていることが特徴です。

 

しかし、その分、審査がゆるめというのがメリットで、お金を借りやすいといえるのです。

 

つまり、いかに低金利を望むといっても、審査が厳しいのでは申し込んだところでお金を借りられない可能性もあるというわけです。

 

これなら、借りられると思って喜んで結婚式に出席の意思を伝えても、それによってさらに大きなピンチに襲われることになってしまうでしょう。

 

審査基準は企業によっても少しずつ異なり、公開されることはほとんどありません。

 

しかし、一般的にいわれているのは、収入や勤続年数、他からの借り入れ額などによって審査に通るかどうかが決まるということです。

 

審査に通りやすいのは消費者金融なので、これらの条件が厳しいと感じる人は消費者金融系を選択するというのが一般的な流れとなるでしょう。

 

しかし、銀行系の中でも、新生銀行カードローンは少々話しが異なります。

 

レイクといえば、コマーシャルでもしょっちゅう流れていて耳にしたことがある人も多いことでしょう。

 

レイクは未だに消費者金融系のように思われることがありますが、現在は列記とした新生銀行のカードローンです。

 

銀行なので信頼感もあるということができます。

 

 

職場に在籍確認の電話を入れるのは審査のはずせないポイントです。

 

新生銀行カードローンでも在籍確認の電話は必ずありますし、即日融資もできません。

 

お金借りる時に気になるものの一つが、在籍確認の電話です。

 

レイクカードローンでは職場の人にばれてしまう可能性は否定できません。

 

新生銀行カードローンは大変利用しやすいカードローンですが、勤務先連絡、在籍確認は必ずあります。

 

しかも、新生銀行カードローンのメリットはそれだけではありません。

 

金利の面からいえば、もともと消費者金融系であったことから、

 

他と比べて格段に安いとはいえません。

 

レイクには、30日間と180日間という無利息期間が用意されています。

 

条件はありますが、この期間内であれば金利0円でお金を借りられるというわけです。

 

低金利どころか、無金利でお金を借りられてしまうのですから、これを利用しない手はないでしょう。

 

例えば、180日間無利息期間を利用する場合は、5万円以下という条件が一つあります。

 

この条件を満たしているのではあれば、約半年にわたって少しずつ返済していけば、完全無金利で済むということになります。

 

半年かければ、ほとんど普段の生活レベルを落とすことなく返済ができるはずです。

 

 

消費者金融系であれば対象となるので、年収の3分の1を超えては借り入れができません。

 

 

 

新生銀行レイクカードローンは2018年3月いっぱいを目処に新規申込を停止いたします。
この情報は3月13日時点のものを記載しております。